×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌荒れの原因、知ってますか?

肌荒れとは肌の水分が減って肌荒れした状態のこと。乾燥肌の人は冬になると特に悩まされる症状です。シミ・シワなどの別のトラブルの引き金にもなります。女性の肌の皮脂は男性よりも少なく、25歳くらいから減少していきます。減少すると肌から水分が逃げやすく、細菌などが繁殖しやすくなり、肌の潤いがなくなって肌荒れの原因となるのです。皮膚が薄くて皮脂腺が少ない目の周りは、とくに肌荒れしやすいです。また精神的にストレスがかかると、肌がかさついたり、痒みが出たり、ニキビができたりして肌荒れが起こることもあります。ストレスは免疫力を低下させたり、ホルモンバランスの乱れ、不眠、食欲低下などを引き起こすため、それらが皮膚に影響して肌荒れが起こります。肌が荒れると、皮脂の分泌を促している男性ホルモンが減少するので、角質層がひび割れた状態になります。気温が高い時期は、湿度も高く汗もかくので肌の潤いが比較的保てますが、寒い季節には空気も乾燥するので、肌荒れが起きやすくなるのです。

肌荒れ対策実践しましょ

肌荒れにもたくさんの種類がありますし、その肌荒れの種類によって肌荒れ対策の方法が違います。手が荒れるのを防ぐためにゴム手袋をはめる場合、手袋をつける前に保湿クリームを塗るようにすると肌荒れ対策になります。洗顔の時には熱いお湯だけでも皮膚の脂肪はかなり落ちてしまうので、ぬるま湯で肌を洗い、その後に水で洗います。毛穴が引き締まり肌の保湿効果も上がるので、肌荒れ予防になります。朝鮮人参せっけんで洗うのも肌荒れには良いそうです。洗顔にはほかに、火山灰の洗顔フォームなどもあり、肌荒れを防ぐためには効果があるでしょう。肌荒れしている部分にワセリンを塗ったガーゼをつけるのもいいです。さらに包帯やサポーターなどで固定してから寝れば、肌荒れ対策はばっちりでしょう。もちろん外出の際には、ハンドクリームやリップは肌荒れ対策の必需品。肌が弱く肌荒れに悩んでいる人は予防法を実践してみてください。簡単な肌荒れ対策ですが、私は最近はかなり肌荒れが解消されましたよ。

肌荒れに効く栄養素

肌荒れ対策、肌荒れ解消に効果的な栄養素を紹介しますね。肌荒れに良い栄養素は、ビタミンB2です。ビタミンB2には、細胞を再生させたり成長を促したりする力があります。ビタミンB2が足りなくなると、体の脂質が代謝されにくくなり、肌荒れを起こしたり疲れやすくなったりしてしまうそうです。ビタミンB2が多く含まれている食べ物は、ウナギ、牛乳、卵、チーズ、豚肉、納豆などです。肌荒れ対策に効果的な栄養素の2つめは、ビタミンC。ビタミンCが充分に足りていれば、肌の張りが保たれ、しみやシワが出来にくくなるなどの美肌効果や、血中コレステロール値が上がらなくなり、ストレスも緩和されるそうです。このビタミンCは、主に柑橘類等に多く含まれています。肌荒れを防ぐ栄養素の3つめはビタミンE。体に悪影響を及ぼす化成酸素や過酸化脂質が生まれにくする働きがあり、種実類や植物脂に含まれています。肌荒れにいい栄養素、最後はコラーゲン。コラーゲンは細胞のすきまを埋めるという力を持っており、皮膚の組織を結合させるために必要な成分で、フカヒレやゼラチンといった食品に含まれています。これらの肌荒れに効果的な栄養成分をバランス良く摂ることも大切な肌荒れ対策ですよ。

Copyright © 肌荒れ対策の簡単実践法
当サイトの文章等すべてについて転載・転用・改編を禁じます。